導入事例

コンテンツと導線から顧客との信頼関係を高める

シェイプウィン株式会社様オウンドメディアへのご導入事例

PRを中心とした企業のマーケティングの企画支援を行うシェイプウィン株式会社様。 スタートアップから大手企業・海外企業まで、メディアと企業をつなぐだけでなく、イベント支援やマーケティングリサーチなど幅広く対応されています。 直近ではサブスクリプション型のオンライン広報サービス『広報サロン』の提供を開始され、企業のみならず、PR・広報担当者のスキルアップや交流の場づくりにも取り組まれています。

今回は、運営されているブログの方針、コンテンツレコメンドツール「caravas」を導入いただいた感想についてお伺いしました。

シェイプウィン様公式サイト
『広報サロン』サービスページ
シェイプウィン様ロゴ

お話を伺った方

神村 優介様
代表取締役
神村 優介様

コンテンツマーケティングの取り組みについて

貴社のWebサイト内で「PR・メディア露出とWEBマーケティングに関するブログ」というブログを運営されていますが、このブログはどのような目的で運営されているのでしょうか?

一言で表すと顧客接点の創出のためです。

ブログでの情報発信を始めて4~5年ほど経ちますが、多くの企業様がこのブログを通じて当社を知ってくださっています。 自然検索でブログにアクセスし、お問い合わせくださった企業様の中からは、「PR関連のキーワードで検索するといつもシェイプウィンのブログが出てくるから、信頼できそうだと感じて問い合わせた」という声をいただいたこともあります。 そういったことからも、当社のPRに対する考え方やノウハウ、当社サービスについて情報発信をするためのコンテンツが着実にユーザーの信用を獲得できているという実感があります。

当社が事業領域としているPRという分野は、情報の掲載媒体が他社か自社かという違いこそあれど、情報を通して会社を知ってもらうという点でコンテンツマーケティングと共通していると考えています。 そういう意味では、当社は「コンテンツマーケティング」という言葉が広く浸透するよりも以前からコンテンツマーケティングを支援してきた会社と言えますし、そういった当社が自社内でもコンテンツマーケティングに取り組むことは重要だと思います。

コンテンツを作るにあたりどのようなことが重要だとお考えですか?

当社として伝えたいことと、ターゲットである読者が喜ぶだろうことがあって、その重なる部分にある情報を届けてあげるという発想がコンテンツマーケティングでは重要だと考えています。 どういうキーワードであれば検索結果で上位表示できるか…という手段から入ってしまうと、上位表示ができたとしても結局集客やその後のCVへつながらない、という状態になってしまうことはよくあることです。

手段を目的にせず、どういう情報を発信すべきかから考えていくことがコンテンツマーケティングの基本であり、同時に最も大事な部分だと思います。

コンテンツの制作については基本的に当社内で制作していて、一部お付き合いの長い業界経験の豊富な方に書いていただいています。内容についてはコンサルティング領域である「PR」に関連することであれば比較的自由に執筆して構わないとオーダーしているので、画一的な解説記事とは違った独自性のあるコンテンツになっていると思います。

信頼を獲得するための「流入後」の施策

良質なコンテンツの制作だけでなく、ブログ内の導線改善にも弊社のツールcaravasを通じて取り組まれていらっしゃいます。ブログへの流入後の施策についてはどのようにお考えですか?

読者のエンゲージメントを高め信頼獲得につなげることを重要視しています。

流入後の施策だとポップアップやチャットボットのような、離脱防止や、問い合わせやメルマガ登録といった読者のアクションを促すためのプッシュ型の施策がよく検討にあがるかと思います。 当社でも検討はいたしましたが、そういったプッシュ型のツール導入や施策着手には至りませんでした。 というのも、このようなプッシュ型の施策はマーケティングというよりもセールスの思想だと思うんです。 表示の仕方によっては嫌悪感を与え逆のブランディングになってしまうのでエンゲージメントの向上・信頼獲得という観点とは相反するものだと思います。

その点、caravasで実現している「コンテンツレコメンド」はサイトに訪れた読者とサイト内のコンテンツとの自然な出会いを増やすことでき能動的にコンテンツを消費してもらえるので、読者のエンゲージメントを高めることに繋げられると思います。caravas導入以前はCMSのプラグインを使用して関連記事や人気記事を出していましたがおそらく緻密なロジックがあるようには見受けられなかったので、caravasのように考えられたロジックでレコメンドできるのはいいですね。

特に検索エンジンからの流入者は目的の記事を読了後離脱してしまうことが多いので、レコメンドがあることによって1記事で終わらず複数読んでもらえるということは「ターゲットとの接触頻度を上げる」という当社のブログ運営目的とも合致していますし、最終的にはターゲットからの信頼を得ることにもつなげられると思います。

ありがとうございます。caravasを導入されて何か効果は感じられていますか?

これはcaravasの特徴だと思っていますが、滞在時間が正確に取れているので、ブログへの流入に寄与しているコンテンツが熟読されているのかというような分析にも活用できると思っています。レコメンドの効果やコンテンツの質など様々な要因による結果ですが、サイト全体のPV数も130%ほど上がっています。ファンの満足度が向上しているのではと感じています。 「コンテンツレコメンド」という施策は、読者のエンゲージメントの向上や信頼獲得といった効果を考えると、中長期的に見てとても意味のある施策だと思います。

ありがとうございました!

取材者コメント

自社のノウハウを活かして良質な情報を発信するシェイプウィン様。 それら良質なコンテンツとターゲットとの自然な出会い、そして信頼関係の構築に弊社のコンテンツレコメンドツール「caravas」をご活用いただいています。

引き続き良質なコンテンツの企画や制作に重きを置いていただくためにも、caravasでサイトへ集客したターゲットの回遊性を高めていけるよう、今後も機能のブラッシュアップを続けてまいります。

シェイプウィン様ロゴ
会社名 シェイプウィン株式会社
URL https://www.shapewin.co.jp/
業種
  • PR(パブリシティ・メディア露出)支援事業
  • WEBプロモーション企画・WEB制作事業
  • マーケティングコンサルティング事業

具体的な機能についてはこちら

機能を見る

活用のイメージについてはこちら

ご利用シーンを見る

ご利用に伴う料金についてはこちら

ご利用料金を見る

お気軽にお問い合わせください